theb不妊治療や体外受精に一役買う漢方医療 Rss

料金設定

しかし、自然素材の漢方ですから、高いイメージはあると思います。実際、「お手ごろな価格ですよ」とはとても言い難いものです。
かかる人では月に2万~3万かかってしまうこともあるそうです。もっとも、一般的な医療薬のような化学製品ではなくあくまで自然素材、というこだわりがあってのその値段設定であって、実際ジェネリックと呼ばれているような価格を譲歩した漢方薬、というものはなかなかありません。
というのも、漢方薬とは処方する人間に合わせて、分量や配合を考えて処方されるものなので、今までは既成品では難しいとされてきました。

しかし、近年不妊が増加する中金銭面の負担も考えられて、例えば配合さ組み合わせが合いさえすればいいので、成分表をいただけて、既成のサプリメントを自ら組合わせで購入して使用することでコストを抑え、自分で選ぶのが不安な人には少し高くはなっても医者が処方します。
もしくは、漢方婦人科から漢方内科に紹介状でもかいてもらえれば、処方のみで内科のほうでより低コストな配合をして処方してもらえるというケースもあります。
このように、お金のために妊娠を諦めるなんて辛すぎる!と嘆く女性のために、漢方の世界はどんどん歩み寄って、進化を続けています。